彼岸花

higan2.jpg  higann.jpg



毎日 犬の散歩してる道なのに ある日気がつくと
にょき!と 彼岸花が顔を出している。
だんだん 伸びてくるというのではなく 突然出現って感じ。
私がにぶいだけなのかな 笑



白い彼岸花もあるそうですね。


30度越える日もなくなって ようやく秋だ~~~♪


★★★ その後検索。。。
日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。


全草有毒、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物。誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたる。 墓地や田畑の畦(あぜ)に多いのはネズミ、モグラ、虫などがその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように人手によって植えられものが多い。墓地の場合は土葬後これらの動物によって掘り荒されるのを防ぐためである。 この毒は長時間水に晒せば抜くことが可能であり、澱粉に富むため、古くは救飢植物として食用とされた事もあるが、毒抜きの時間が不十分であったり、長期間食して毒物が蓄積したために中毒を起こしたケースが多々存在するため、絶対に真似してはいけない。



異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、と呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもある。しかし、そのような連想が働かない欧米を中心に、園芸品種が多く開発されている。園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。



また、韓国では彼岸花のことを「相思華」ともいう。 これは彼岸花が花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味である




花言葉は「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。



俗信では、家に持って帰ると、火事になる花とも言われている。


★★★

なるほど~~~。と 感心 笑

キャロライン3回目演奏会終了♪ (貸切)

9月24日

kya6.jpg


本日は お店が定休日のところ 私のピアノ教室で 貸切にしていただき 生徒さんとその父兄 その他知り合いを呼んで 3回目のコンサートをしました。連休最後ということで留守の人 お墓参りに行くという人 お祭りの準備 稲刈り。。などなど それぞれ 予定があって 聞きに来てくださるかなぁと 心配していましたが それでも 30人ほど 来てくださいました。


知ってる顔ばかりだし 安心して演奏もでき 小さなミスは あったものの なんとか無事に終了しよかったです。

20曲を演奏。少しづつ慣れてきて 間にお話もはさみながら なごやかに 笑

終わったあと お店の方から 小さいおこさんもいたのに みんな静かに聴いてたね~えらいっ! と おほめをいただき♪

前回の2回とも 体験コーナーがいまいち うまく行かなかったので 今回は ちょっと考え スペシャル体験よう楽譜を用意しました。これなら 絶対 弾ける!と 思えるもの 笑
他の方々にも 同じものを配り みんなで歌いながら 指で追ってから。。。三人出てきていただき 演奏。
スムーズにいったような気がします。

kya8.jpg


いつもは 一般のお客様もいらして 写真をとりづらかったのですが 今日は貸切なので 笑 
写真も たくさん撮りました。

写真では わかりづらいかもですが ほんとに素敵なお店なのです。2つのお部屋が短い廊下で つながっていて 1部屋はシックな雰囲気 1部屋はピンク基調のかわいい雰囲気。

来月からは 毎月第4週めの日曜日と 定期的になります。
さて~がんばって 楽譜作ろう♪

kya5.jpg


<プログラム>
きらきら星
エーデルワイス
大きな古時計
もののけ姫
いつも何度でも
見上げてごらん夜の星を
川の流れのように
青いノクターン
禁じられた遊び
白鳥
ふるさと
あかとんぼ
荒城の月
あひるのワルツ
放課後の音楽室
北の国から

星に願いを
シバの女王
セレナーデ     



マタニティクリニックにて

まさか。。私が用があるわけもなく

大阪の先輩インストラクター S先生&K先生のヘルマンハープ マタニティクリニックでのコンサートを 聴きに行ってきました! 

はい。。例によって 地図を片手に 聞きまくりですっ!
三ノ宮で降りて。。西宮北口で 宝塚にいって そこから。。ひゃ~~という感じでしたが なんとか たどりつき♪

できて1年という新しいクリニックで 広いロビーでのコンサートでした。お客様は当然? 妊婦さんまたは 生まれたばかりの赤ちゃんを連れた パパ&ママ。
入り口で 名前を書き ご丁寧におみやげをいただく。。
恐縮しながら ちらと覗くと。。。生後6ヶ月からの 赤ちゃんのおせんべい! あわてて戻り。。お返ししようとするが 結局そのままいただく。。
家に帰って 見てみたら。。とても素敵なお花が入っていました。私たちは クリニックにお世話になることないのに いただいてよかったのかしら。。。汗

ま それはさておき。。
とても 素敵なコンサートでした!
パパママも楽しんでらっしゃるご様子 とてもほほえましかったです。そして まだ小さい赤ちゃんに(あるいは お腹の中の赤ちゃんに)優しい美しい音色を聴かせてあげたい。。
そんな 雰囲気の伝わってくるコンサートでした。
また 病院の方々も とても暖かく ほんとに 良い雰囲気でした! 

演奏は 当然素晴らしく 楽しみにしていた お二人の演奏をやっと 聞くことができました。
うわさの。。K先生の 素晴らしい指さばき(?なんて いうのかな)L型ハープの低音の優しい音色は やっぱり最高ですね! ヨッシー♪さんの きびきとした中にも温かみのある笑顔つきのトーク。ヘルマンハープのアンサンブルもとてもよかったですが 間に S先生の弾き語りや アイリッシュハープとのアンサンブルもあり とても変化があり 楽しめました!聴いてらっしゃる方たちも 自然と一緒に歌ってくださったり 本当に 暖かい雰囲気で ほほえましい眺めでした。

いつのまにか ヘルマンハープのファンになってらしたような 婦長さんと思われる方も 演奏されたり 笑
最後に 思わず涙ぐむような詩の朗読あり 素敵な独唱あり ほんとに 行ってよかったです♪

曲数も多く 練習されるのも大変だったでしょうけど コンサートに来られたみなさんは 素敵な音楽に癒され 笑顔で帰って行かれたことと思います。
お疲れさまでした!

さて。。あさっては 姫路組も第3回目! 練習しよ~っと♪

秋の味覚♪

budo1.jpg  budo2.jpg



まだまだ暑いですが。。。
気分はちょっぴり秋ですね~~♪



昨日 岡山に住んでいる弟が電話してきて 
「桃太郎いる?」と。。。
こんな季節に 桃かぃなと思いつつ 
「いるいる~」と 笑



もらって あけてみたら ぶどうやーーーん!
桃太郎という名のぶどうらしい。。
弟が言うに 高級ぶどうだと 笑



どこが 桃太郎なのか。。。ヘンなの~~と 思いつつ
食べようと洗ってると。。。



「あら。。変形してるやん!不良品!。。。」
すると 弟がいうに。。。それが 桃太郎という名前の由来だそうな。。。



実がモモの形に似てる。あるいは 人によっては おしりの形とか いうらしい。 
なるほど。。。
「皮ごと食べるんやでーー」と いわれ。。。
ちょっと 抵抗があったけど 食べてみる。
確かにおいしい! 皮もぜんぜん気にならない。



「1房 高いものは 5000円とか もっとする。高かったんやで~~」と いばる弟に。。。
「でも ちょっと 傷ついてるな。。」というと。。



あっさり白状した 笑
売り物にならない 傷がついたものを 知り合いのぶどう農園に行って ぶどう狩りをしたのだと 笑
まっ いいけど 笑 
味は同じ~~~。おいしゅうございました♪

勇気ありますか?

  purin1.jpg



昨日の夜 娘を迎えに行った帰り セブンイレブンによる。
飲み物を買って あたりを うろうろ見てまわる。
そして。。。
3人の足が止まるっ!!!



「わ~~~なにこれ~~~~♡」
そして 沈黙。。。
三人それぞれ 心の中で 葛藤する。。。
「買ってもいいかなぁ 食べてもいいかなぁ。。」
「カロリーすごいやろなぁ。。」
「けど。。1回は買ってみたいなぁ。。」



そして! 顔を見合わせて。。。
カロリーは すごいけど 3人で食べたら大丈夫♡
よしっ! 買おう~~~。



がっつりプリン&チョコパフェ
(プリンの丼みたいにも見えた。。。)
779kcal 490円



さぁ~~皆様 どうしますか 笑?
買ってみる勇気 ありますか~~~?

カセキ

isi2.jpg  isi1.jpg  isi3.jpg

   



ようやく 夏も終わり 朝晩は少し涼しく♪
今年の夏は 虫を持ってくる子がいなく ほっ



昨日のレッスンで 小2のSちゃん。かばんを ごそごそすると なにやら 出してきた。なにかの塊みたい。



どんっ!と 机の上におく。
「これなに~~? おっきな石やね~~」
Sちゃん 少々むっとして。。。
S..「かせき!」
「え? かせき?」 あぁ。。化石か。。
「これどうしたん? どこでみつけたの~?」
S..「拾った!!」 ふむふむ。。。
「すごいねぇ~~~♪」



Sちゃん 自分のレッスンが終わったあと 次やってきた 5年生のHちゃんにも 化石をみせる。



S..「これ化石!!」
H..「どこが?」
S..「。。。。。。。」



私 フォローのつもりが。。。
「あ~こうやって見たら 鳥の頭みたいっ!」
S...「か せ き。。。。」 



あぁ~ごめん。。化石よね。鳥の頭ちゃうよね。。。汗



何度見ても 鳥の頭にみえちゃうわ。。汗



あれ。。。写真を見たら イノシシに見える。。

キャロライン第2回目終了♪

9月10日

今回のコンサートも まだメンバーの知り合いには声をかけていないが 前回聞いてくださった方や たまたま入った人などで 20人くらいの方に 聞いていただく。教室の生徒が大勢来ると 一般のお客様の迷惑になってもいけないと 教室関係者には お店が休みの日に 貸切をお願いする予定です。

前回終了後 店主さんとお話し 曲数をもっと増やしてほしいとのことで 今回は20曲。
楽器や曲の説明も入れてほしいとのことで お話も考える。

実はわたし。。演奏するときは緊張することはあまりないが。。人前で話すのが苦手。
ヘルマンハープの説明をしているうちに だんだん緊張してきて なんとか話終えたが すっかり平常心を失っている。。汗

そのまま演奏に。。演奏が進むうち 前回はなかったことが発生。前回 テーブルの上で楽器は安定していたが 今回はなぜか 弾いてるうちに楽器が 少しずつ 動く。。。
会場(お店)に入って準備のとき 光線が前回と違うのに気がつき 調整をお願いするが 思うようにならず。
前回は ちょうどよい明るさだったが 今回は ハープの弦が 楽譜に映っている。。
そんなこんなで 集中をかき つまらないミスをしてしまう。
へこんだ~~~。。。。。泣

今回は5人のメンバーのうち 4人での演奏になったが メンバー二人は 会社員。たまった家事や用事など 土日にあてているはず。
毎週土日に 全員集まってもらうのは 申し訳ない。のんびり休める日がなくなるだろうし。。。

けれど。。やはり 準備不足だったかなぁ。

演奏後 体験してもらうよう お誘いするが 今回も楽器の前に座ってみてくださったのは 二人。みんな 「いや~私には無理!」と 謙虚。。誰にでもできるといっても やはり 抵抗がある様子。誘い方 お話の持って行き方にも問題があるのかなあ。

多くの課題が残った今回でした。
まだ ほんの2回目。次回に向けて 課題をみんなで解決しながら がんばっていかなければ!
 
たまたま お店にきたという 一人の女性が 音色のことなど すごくほめてくださって それだけが救いです 笑 


<プログラム>
メヌエット
シチリアーノ
野ばら
宵待ち草
ふるさと
あかとんぼ
あひるのワルツ
日本昔話
北の国から

涙そうそう
大きな古時計
みあげてごらん夜の星を
川の流れのように
シバの女王
星に願いを
セレナーデ

ネットは便利!

9月6日

土曜日の演奏のとき 少ししゃべりを入れて欲しいといわれたので 曲の紹介をしようと 調べてみた。

あ~便利!ネットってすごい!(今更ですが。。

音楽やってる人なら当然知ってることなんだろうけど。。私はアホなんで こんなことも知らなかった。って つくづく実感!

①のばら←弾くのはヴェルナー作曲のものだが。。調べてみたら 詩はゲーテ。(ええ!って 知らなかった。。汗)
それにいろんな作曲家が曲をつけて。。世界には150曲ほども あるらしい。。日本では シューベルのものが有名だけど。考えてみたら どちらも 「わらべは見たり~」で 始まるな。。「野ばら91曲集」という本まで あるらしい。。

②バッハのメヌエット←アンナ=マグダレーナというのは バッハの2番目の奥さんだったのか。。子供が13人も!!

③宵待ち草←画家の竹下夢路の作詩。。。。(へぇ。。汗)千葉の海辺で知り合った おしまさんへの思いを。。(へぇ。。汗) 千葉なのか。。。。

などなど。。。
今日は 大変お勉強になりました!
ネットのおかげだ~~♪ (不勉強をさらしてしまったが。。

楽譜作成の工夫??

9月3日

9日の第2回目演奏会に向けて 先週の土曜日も練習でした。6時集合10時まで。
メンバーもそれぞれ PCでの楽譜作成になれてきて (もともと 私以外の二人は PCに詳しい)
新作?も続々とできている。新作をあわせてみるとき 練習のテーブル上に PCがあり 楽譜が出ている。1パートづつでは いいようでも あわせてみたらいまいちということが 少なくない。修正が決まると 即座に画面で直す。印刷。なんか 連携プレイのようで ちょっと感動♪

工夫とタイトルに書いたが。。。
自分が作った楽譜 3パートのものでしたが どうしても どうしても (高い)Aの音が足りない!その1音のために 3枚とも移調するか。。。どうしようかと迷いながら ほかの2パートはバランスよくできてしまったので。。全体を移動するか すると低い音が減ってしまうし。。。と 決めかねてそのまま 練習にもちこむ。さて どうしよう。。

Kさん→(きっぱりと)移調して 下の音はしょうがない あきらめて 1オクターブあげよう。

Sさん→その音なくてもええやん!(ん~~メロディだしなぁ。。) 
→ じゃ~そこだけ口で歌う?(それもなぁ。。。) 
→ もう2本自力で弦をはるか!? ←それも無理!!

M→(ヘンなこと思いついた。。)使ってない#Fを Aにするか!けれど じゃ次の曲の前に 調弦しなおさなきゃ。。
→ もう1台 それ専用に用意するか ← ありませんって。。。もう1台。。
#Fを Aにしようとするが。。。弦が切れないか心配で できない。Kさん案に落ち着く。。ふぅ。。

以前に 同期さんからこんなことを聞いたことがある。
長い曲で1枚におさまらないときに 2台用意すると。。途中で 2枚目(2台目)に移動するらしい。。うちでは 余分な楽器がないのでそれは無理。。。

みなさんいろんな工夫をされてるのだろうな~。
続々と Lタイプを購入される方が増える中 姫路組は Mタイプの限られた範囲で がんばらなきゃ。。汗