ロンドン橋

昨日のゆいなちゃんのお稽古。
ハノン ソナチネを弾いて 学校の合唱の伴奏曲を弾いて
今メインでやっている 貸し出しした久石譲の本を・・・
忘れてきた~~って・・・汗
同じ本は教室にはないので どうしようかな~?

ゆいなちゃんは ピアノ以外にも聴音やアレンジやいろいろしたいので
お稽古時間は1時間。
まだ残り時間があと30分はあるよ~~~。
ふふ これはチャンス~~~!

ということで しばらく停滞していたコードの本をとりだして
アレンジの勉強です!
前回は メリーさんの羊を 私もびっくりするくらい
素晴らしいゴージャスアレンジを考えてきてノートに書いてきてくれたゆいなちゃん。
今日の曲は?

ロンドン橋という短い曲があります。
マザーグースの中の曲だと初めて知りました。

まずは コードネームを見て普通に弾く。CとG7しかありませんが 笑
伴奏パターンをいくつか変えてみて。
メロディもゴージャスにしてみたり あれこれ工夫。

そして いよいよ登場人物は?
8ビートに乗って踊りながら歩く若者。
オルゴール風に高音で早く弾いて・・・ちっちゃな子どもが走って渡る。
無理やり3拍子に変えて ワルツを踊りながら通っていく女の子。
低音でゆっくり音を重ねて・・・重い荷車を牛が弾いて渡る。
などなど きりなくおもしろいアレンジができました。
聴音はちょっとしかできなかったけれど
たまにはいいね~!

ちなみに・・
この唄は ロンドン橋落ちた ですので本当は橋を渡らない・・
橋の上で踊る曲は フランスのアビニョンの橋。
橋の完成を祝って歌ったり踊ったりしたそうです。


関連記事

0 Comments

Post a comment