発表会の準備って? ピアノ編

今日は日曜日
午前の約束のレッスンがなくなったので 今日はお休み~~~♪
と いいたいところですが・・・
レッスンはないけど 仕事してます!

****

発表会の準備って たくさんあります。
お稽古だけではありません。

① まず最初に・・・半年以上前に(1年のところもあるそうです)会場をおさえる。

私は比較的遅めに行って あいてるところを予約することが多いので
毎回 そんなに困ることはないのですが・・
くじびきだったり? 早朝から並んだり? 大変な方も多いと聞きます。

② 選曲

受験期にかかる子や もともとレッスン回数の少ない大きな子は 早めに決めます。
選曲は一番大切なところです。

その子に何を望むか?発表会を機会に苦手なことにチャレンジするか? 
得意なことを伸ばしてあげるか? 本人はどんなことをしたいか? どんな曲を弾きたいか?
いろんなパターンを想定して いくつか候補を準備したりもします。
そのためには 私が知っている曲だけでなく 新しい曲も私が知っていかなければならない。 
いろいろ考えながら ずっとずっと前から いつも常に考えています。
そして本人と相談 決定。

そのままうまくいくときもあれば なかには そうでないときも起こります。
生き生きと楽しそうに練習が続けばいいし
中には 思うようにならず つらそうな姿を見ることもあります。
頑張らせた方がいいのか 無理にその曲でなくても他の曲を薦めるべきか。
私も悩みながら 本人ともよく話しながら 最終的に曲が決まったら・・
あとは GO~~~~~ !! 笑

ソロが決まると 次は連弾及びアンサンブルなど。
うちの発表会では 基本一人3ステージなので 組み合わせも悩むところです。

全ての曲が決まって アンサンブルのパートも決まり それぞれの練習に入ったら まずはやれやれ。
あとは 本人のがんばりと どこまで指導できるかです。


③ その他準備作業

<申し込み書など作成>

毎回 同じようなひな形を使うので これはそんなに大変じゃないかな!
人数と予算から その回の会費を決めます。
赤字にさえならなければ~

<プログラム作成>

2か月くらい前になると そろそろプログラムの下準備。
自力で作るので 毎回なかなか大変です。
今回も ようやく あとは印刷だけ となりました。。
しかし 思っている用紙がなくて・・ 
お店を二件まわりましたが もう一つ行ってなければネットで検索かなぁ・・
と思っていたら 希望通りの用紙発見!

しかし・・・高い・・・1枚140円。
いったんあきらめて帰ったものの やはりそれを買いに・・
今回は 今までみたいに バンバン渡せないかも~~

<関係者との打ち合わせ>

司会の人 音響の人 カメラやさん ビデオやさん お花やさんとの事前打ち合わせ
必要があれば 直接会うことも多いです。

前もって会場に支払いに行き ついでに駐車場の手配。
毎回セブンイレブンにお世話になるので 挨拶に行き ついでにお弁当のカタログをもらう 笑
市の後援をもらうため 市役所にも行きます。
今回も まあこ先生にトーンチャイムをお借りするのでご挨拶にも。

<記念品と花などの準備>

毎回 子どもたちの喜ぶ顔を思いうかべ あれこれ考えます。
すぐ決まる年もあれば なにかないかな~とネットであれこれ見ていると
それだけで 何時間もすぐ過ぎてしまう!

兄弟同じものじゃないほうがいいかなぁ とか
今まで渡してきたものを もう一度考えて・・
お花も必要があればお店に出向き話しをします。

<進行表の作成>

プログラムが決定すると 進行表の作成にはいります。
自分用 スタッフ用 音響さん用 
実は これが一番大変です。

1つの落ち度もないように 繰り返し繰り返し頭の中でシュミレーションしながら
詳細なものを作るようこころがけています。
出来あがり次第 レッスンでも常に持ち歩いて 更に仕上げていきます。

前日までの準備 前日の準備 当日の動き など細かく細かく記入します。
でもこれのおかげで 今まで大きなトラブルはありません。

例年なら以上のことに加えて 自分の演奏の準備もあるのですが
今回は はじめて自分のソロの演奏はありません。

<お稽古の最終しあげ>

1か月半前くらいから アンサンブルの練習がはじまります。
アンサンブルの日にちを決めるのも一苦労。
全員がそろうのは なかなか難しいのですが 全員そろう日をみつけます!

そしてお稽古の中では 私が司会者もどきになって・・・
プログラム○○番・・・・と 出てくるところから おじぎから
演奏が終わって再び手をひざに そして戻っていくまで 練習します。

さ~あと1カ月を切りました!
今年はインフルエンザの心配もなさそうで ほっとしています。
あとは・・怪我や病気に気をつけて 本番を迎えたいですね。

最後の週のレッスンでは 普段は低くあけてあるグランドの蓋をば~んとあけて
気持ちよく弾きます!




関連記事

0 Comments

Post a comment