誕生まで②

陣痛は進んできて もう5分間隔。
でも何時間たっても5分から縮まらない。
おまけに 不規則だったりする。

結構我慢強い娘も さすがに弱ってきた。
もういやや 助けて などとつぶやく娘に 4人がかりで 
あと少し がんばれ と励ましつづけ 交代で腰をさする。
結構強くさするので 交代じゃないと続かない。
新しいパジャマがさすりすぎで モケモケになってきた。

わたしとふさみ母さん(長女婿のお母さん)は経験があるから たぶん上手。
ダンナさんも男だし力がある。 次女は力も経験もないけど
二人がさすってるそばで どうしたらいい?といいながらふくらはぎや太ももをさする。
本当に・・・3人がかり4人がかりで 5分おきに なんとか痛みをのがしてやりたいと必死だった。

途中先生とお話して「今日中に産みましょうね」といわれ 4人で口にはださず顔で話す 笑
今日中ってことは 12時よね?
あと3時間か。
よしがんばろう!
とりあえず おにぎりでも食べて・・・と コンビニに走り とりあえず食事をして。
それまでまったく食事をとれなかった娘も つられて少し食べたのでほっとする。
長丁場なんだから 食べないとね!!

そして 陣痛に苦しむ娘のそばで 励まし励まし。
手も腰も足もいたかったけれど 陣痛の痛みはこんなものじゃない。
そんななか・・・笑ったのが・・・

もう少しもう少しって嘘ばっかりやんかーーーー!
といった娘の言葉。
ほんとにねぇ。
おっしゃる通り。
みんな嘘とわかっていて そういうしかなかった。
で その娘の言葉に 4人で爆笑!

そして ついに陣痛の間隔がなくなった感じだったので ナースコールで連絡。
分娩室に入ってください。
やった~~~! 今度こそ!!!

4人は分娩室の前で 祈る思いで待っていた。

もれきこえる話をなんとか聞き出そうとそれぞれ首を伸ばして・・必死。
でもどうも・・・娘が泣きながら まだなんですか?みたいに言ってるのが聞こえる・・・
案の定また 出てきた。

4人は心底がっかりしたけれど顔には出せず もう少しがんばろうと部屋にひきかえす。
そのとき 先生が出てきたので 先生!どんな感じでしょうか と聞くと
1時くらいかな~ここは我慢のしどき 焦ってはいけません って・・・

そうか・・・1時か。
ここは覚悟を決めて・・・交代で家に帰ってお風呂に入って気分を変える。
翌日どうしても休めないふさみ母は家に帰って明日の準備をして仮眠。
分娩室に入ったら絶対連絡しますから~と 残り3人でがんばることに。

そして またローテーションの陣痛やわらげ隊が・・・
あと20回くらい 痛いのすぎたら大丈夫ちゃう?
数えてみよっか~とか
なんの慰めにもならないことをいってみたり・・

そろそろ陣痛から二日がすぎようとしている。
娘の様子も 朦朧としてきて 見ていて心配な感じ。
みんなで娘のおなかにむかって も~いいよ~~出てきていいよ~~まってるよ~~
と呼びかけ。
いつまで続くのか・・・・
早く顔をみせてよ~~~~!!!




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する