大仕事を終えたような!

生徒さんがわざわざもってきてくださって 貸していただいた
「赤毛のアン」

子供の頃 子供向けの本で ほんのちょこっと読んだ記憶があったけれど・・
アニメにもなってたかな?
ちょうど NHKの朝ドラ 「花子とアン」をみたこともあり
村岡花子さんが戦火のなか必死で守った本を ちゃんと読まなきゃとおもったときに
タイミングよくお借りすることになった。

あれから何か月かかったか。。
ついに昨夜 10巻目の「アンの娘リラ」を読み終えました。

まさか 最後に戦争の話になろうとは・・・
寝不足を覚悟で最後まで読むことになったのは・・
アンの息子の飼っていた犬の最後をどうしても知りたかったから。

戦争に行く飼い主(アンの息子)が電車に乗るのを見送った犬は・・
それから3年駅から動かず ひたすら飼い主を待ち続け
電車が着くたびに見にいって しょんぼりひきかえしを繰り返す。
どうしても家に帰ろうとしない犬を 周りの人が心配して
駅のそばに犬小屋を作ってやりご飯も運んでやって・・
そして待ち続けた飼い主がかえってきたとき  
リューマチで歩くのもやっとだったのに 駅長さんのそばを飛ぶようにかけていって
嬉しすぎてどうしていいかわからず とびついたり ころげまわったり・・・
その様子がすごくよくわかって
夜中なのに よかった~~と泣いてしまった。

やっと全部よみおえて 今日は寝不足でヘロヘロしていましたが
気分はすっきり~!



コメント

想像の翼が、大きく広がったことでしょうね

2015/05/26 (Tue) 17:29 | くるみ #bUOqhcfc | URL | 編集

はい!
前半は山を満喫
後半は海を満喫

いずれも身の周りの風景 生物に目を向ける生き方にすごく考えさせられました。
読んでいると 白黒の文字の世界なんだけど 翼を広げると? カラーの世界になる!

人間だけが生きてるんじゃないって あたりまえだけど 笑
それってすごく素敵なんだな~って。
読んでよかったです。

それと・・・花子とアンがどういう原作なのかわからないけれど 最後まで訳された村岡花子さんに 改めてエールを送りたい気分です。

2015/05/26 (Tue) 23:34 | くるみさま♪ #6Y5jgf3c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する