好古園へ

今日は 午前のお稽古をすませ 好古園へ♪
すみ子さんから教えていただいた 一弦琴の演奏会に行ってきました。
心配していた雨もふらず 助かりました。
S__7708678.jpg
少し色づいた紅葉が綺麗でした。
S__7708680.jpg

S__7708679.jpg

一弦琴 その名のとおり弦が一本。
S__7733258.jpg
歌も歌いながらで 演奏はかなり難しそうでしたね~でも 
好古園にぴったり!
S__7733257.jpg
その起源は平安時代とか・・・すごい歴史ですね。
現在はいくつかの流派?が残っており 今日の演奏は神戸の須磨琴でした。
ただ一人 小学6年の女の子がいましたが 素晴らしいですね。
伝統を絶やさずがんばってほしいなぁと思いました。

<プログラムより>
須磨琴は 今から千百年余り前の平安の昔、中納言在原行平卿が帝の怒りにふれ都を追われ須磨に流されました。
行平卿が我が身の不運を嘆き乍ら寂しい思いで浜辺を歩いていますと1枚の船板が流れてきました。
これを拾い自分の冠の緒を弦に、浜辺に生える葦の茎を輪切りにして指にはめ 都恋しとかきならしたのが始めと伝えられています。


関連記事

0 Comments

Post a comment